ryoの学生応援日記 ! Let`s management

初めまして!大学生ブロガーのryoと申します。主に学生向けに記事を書いております。

簡単に分かるリーダーシップ論! リーダーの影響力はどこから来るの?

こんにちは、ryoです。

今回も、経営学について書いていきたいと思います。今回の記事は、リーダーシップについてお話をしていきます。リーダーシップについては結構長くなるので、とりあえず第一弾として人を動かす力について考えていきましょう!

 

 

 

影響力ってどこから来るの?

影響力のある人

リーダーになる人ってそれなりのコミュニケーション能力とか、信頼とかが強いですよね。リーダーになる人は、同じような能力を持っているのでしょうか?

それについて詳しく考えてみましょう!

 

権限

これは、その組織から公式的に認められていることを指しています。例えば社長は、回りに指示をしたり、意思決定をしますよね?このように組織から認められているときは必ず影響力を持っています。

 

賞罰力

これも先ほどと似ている影響力ですが、人を賞罰できる人の多くはリーダーですよね。例を出すなら昇進、降格とかです。これも、組織から認められているから、影響力をもっていることがほとんどでしょう。

 

専門能力

これは、専門的な能力、知識を持っている人が影響力を持っているということです。例えば、医師や弁護士は専門的な能力を持っていますよね。そのような人は、知識によって人より影響力を持っていると言えます。

 

同一化

これは、人を引き付ける能力のことです。これは、個人的な魅力であったり、人望があったりということです。個々の能力によって、この能力は変わるため、具体的にこの魅力があるとかが一概に言えないですね。しかし、この能力は影響力を語る上でとても大事になってきます。

 

情報

これは、必要とされる情報を取り扱う能力のことです。例えば、情報処理能力や、どんな情報を所有しているかなどです。現代は大量の情報がありますから、情報の取捨選択は大事ですよね。そのため、この能力も大切になってくるでしょう。

 

 

このように、5つの能力を紹介しました。この能力が人を動かす影響力になってきます。特に大事な能力としては、同一化が重要です。これは、なろうとしてなれるものではないので、難しいですが人に好かれる人っているじゃないですか?そんな人のことです(笑)。そういう人って、基本的に影響力を持っていますよね!

それに対して、公式的な力(権限・賞罰力)は確かに、リーダーとはかかわりが大きいでしょう。しかし、愛されるリーダーと言われると、少し違うような...

次はそれについて考えていきましょう!

 

 

権限の成立と範囲

権限の成立

さあ、本当に権限のような公式的な力は、リーダーシップとして絶対的な能力なのでしょうか?

例えばですが、上司が無理難題を押し付けてきて、俺リーダーだよね?って言われるとさすがにリーダーです!とは答えられないですよね。そのように権限を受け入れられる範囲があるということです。

 

権限受容説

いきなり難しそうな単語ですが、先ほど言った例と変わりません!

これは、「上の権限は下に受容されて初めて成り立つ」という考えです。このように、権限は上司が重要でなく、部下が受け入れられるかということが大事なんです!

受け入れられるかどうかは、これら3つの範囲によって決められるんです。

  1. 明らかに受け入れられない範囲
  2. 中立線上にある範囲
  3. 問題なく受け入れられる範囲

リーダーシップの範囲の図


こちらの図を見て下さい。左から1~3となっています。これが矢印の方向になればなるほど、権限を受け入れられるようになります!この3つのうち「3」の問題なく受け入れられる範囲は無関心圏と言い、無批判的に受け入れることが可能です。

そのためリーダーは部下に、無関心圏になってもらうために努力をすることで、さらにリーダーシップ能力を高められるでしょう。

 

無関心圏にするためには?

さあ、どうすれば部下に受け入れられてもらえるのでしょう。それには、4つの方法があるそうなので、それを見ていきましょう!

  1. 内容が理解できること
  2. 内容が組織目的と矛盾しないと信じること
  3. 内容が自分の個人的利害と両立し得るろ信じること
  4. 内容が精神的にも肉体的にも従い得ること

なんか当たり前のような気がしますが、これが難しいですよね。例えば、4の精神的にも肉体的にも従えるとありますが、仕事量の多さとか考えないとだめだと、はっきりと分かりますね。

これらから分かるように、部下の心を分かって、相応の仕事をさせるってことが大事ですね。こんなの当たり前と言われればそうなのですが、とても難しい事だと感じます。大切なのは、人の気持ちを察することですね!

 

 

まとめ

ということで、今回はリーダーシップについてお話をしました。やはり、人の気持ちを察して、それについて深く考えたり、それをベースに仕事量を考えることがとても大事ですね!

また、リーダシップについては、一回ではまとめきれないので、好評であれば次回も書きたいと思います!次は、リーダーの役割について書こうと考えています!よろしければ、読者になるボタンをポチっとよろしくお願いします!

 

 以上で今回は終わりです。最後までご覧頂きありがとうございました!

 

次の記事はこちらから

 

www.ryo-gakusei.com

 

最近よく見られる記事

 

www.ryo-gakusei.com

www.ryo-gakusei.com

www.ryo-gakusei.com