ryoの学生応援日記

初めまして!大学生ブロガーのryoと申します。主に学生向けに記事を書いております。

煽り運転について簡単にまとめてみた。 そもそもどこから煽り運転というのか

 

f:id:ryo10668:20181207073828j:plain

こんにちはー、ryoです。

今回は、最近増えている煽り運転についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

そもそもあおり運転とは?

 

 

そもそも煽り運転とは、どのように定義されているのでしょうか?

調べてみると、車間距離を狭め、異常接近したり、無理な割込み後の急ブレーキ・ハイビーム・パッシング・クラクション・幅寄せなどによって相手を威嚇する行為のことだそうです。

 

皆さんはこのような場面に遭遇したことはありますか?

 

自分は、煽りなのか分かりませんが、一度だけあるんですよ。

 

 

それは、自分が車線変更してから、普通に走ろうとしたときに、いきなり車線変更してくる車がいて思わず急ブレーキ。

すれすれでぶつかりませんでしたが、その後もゆっくり運転しては、急にブレーキかけられました。

 

めっちゃ、怖いですよね。

 

まあ、このような場合は煽りか判断しがたいですが、罵声とかハイビームされたらこれはやばいと思ったほうが良いですね。

 

というか、これ見直して自分で見てみると、完全煽られてますね(笑)。

 

まあでも、ハイビームとかパッシングされるよりマシなのでしょか?

 

危ないことは危ないので、皆さんも気をつけましょうね。

 

 

 

このように煽り運転はとても危険な行為です。

 

 

 

どんな罰則があるのか?

 

それでは、実際煽り運転をしたら、何か罰則はあるのでしょうか?

 

まず、事故になったらさすがにアウトなのはわかりますが、煽り運転の行為をしただけではどうなるのでしょうか?

 

 

これは、少し前ですが、警視庁が新たな対策をしたそうです。

 

それが、事故に至っていなくても、将来事故を起こす可能性が高いと認められた人は免許を停止させられることがあるそうです。

 

正直、微妙なところですよね。さすがに、軽い煽りならまだ通報しなくてよいかーと私は考えていますが、どのくらいの煽りで通報すればよいのかはイマイチ、ピンときませんね。

 

そのため、自分としては、

 

危険と感じ、事故りそうになったら通報したほうが良いと思います。

 

そうしないと、いつ煽られるかもわからないし、他の人が同じ被害にあっているかもしれませんしね。

 

 

 

やられた方はどんな対応をすればよいか

 

じゃあもし、そのような煽りをやられてしまった時どのような対応をすれば良いのではないでしょうか?

 

 

もしかしたら、その対応で大きくその後が変わるかも?

 

まず、絶対やるべきことは、落ち着くことです。

 

でも、緊急事態にそんなって思いますが、興奮して、自分も煽りに乗って幅寄せをしたり、パッシングは絶対だめですからね!

 

まず落ち着いて、今自分がどのような状況になっているのか考えましょう。

 

自分は、車を運転してるとき一番気を付けていることは、

 

 

事故が起きそうなら絶対に止まるということを心がけています。

 

 

これをすれば基本自分から事故を起こすことはないと思います。

しかし、後続車には気を付けてくださいね。

 

このように、本当に危なくなった時は止まることが、一番です。

 

そして、止まったら次は何が起こるでしょう?

 

最悪の事態は煽ってきた車から人が降りてきて、自分の車に近づいてくることです。

 

 

 

その時絶対けんかに乗らないでください。暴力になったらもっとひどいことになりますから。

車の鍵かけて警察呼びましょう。

 

別に、相手が悪い場合は自分からは出ていかないで、警察が来るまで待っていれば大丈夫です。

 

 

他にも、ドライブレコーダーがついてるのは一番良いですが、付いている人も少ないと思います。

 

もし、本当にやばい!ってなり友達が乗っているなら、動画撮ってもらうのも良いかもですね。

 

しかし、動画を撮っているのがばれたら相手が余計に興奮してくる可能性があるのでご注意を。

 

まとめ

 

今回は、煽り運転についてまとめました。

 

大事なことは、落ち着いて、対処することです。

 

 

自分も良く車を運転するので、調べているときに少し怖いなーと思いました。

確かに、初心者ドライバーにイラっとするかもしれませんが、こっちも真剣に運転しているので、

少し我慢して、頑張ってるなーと思ってくれればとても幸いです!

 

そのようにして、前、優してくれたドライバーさんがいたから自分も優しく!

という良いサイクルができることを祈って今回の記事は終わります。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

もしよろしければ、下のボタンからぜひ読者になってください!